うつ伏せの施術動画 - 藤沢市のマッサージサロン

平日13:00~25:00(最終受付24時)土、日、祝日11:00~23:00(最終受付22時)0466-28-5086
リラクゼーションマッサージ動画

うつ伏せのマッサージ・整体動画

リラクゼーションマッサージ動画トップへ戻る

うつ伏せ2

うつ伏せのリラクゼーションマッサージとストレッチ整体

施術時間の6割程度をうつ伏せでのマッサージに費やします。

親指(指紋の中心部・間接部分・指先)、手根、四指、肘など様々な部分を使い分け、多角的に施術を進めていきます。

圧の強過ぎ、弱過ぎ等ございましたらその都度、調節いたしますのでご遠慮なくおっしゃってください。

マッサージと併行して操体法やタイ古式マッサージの要素を取り入れたストレッチ整体も行います。


うつ伏せのマッサージで施術する主なツボ

玉枕(ぎょくちん)
後頭部の両眼の真後ろにあたる部分。眼精疲労の特効穴。特に眼の奥の方が痛いといった症状によく効きます。頭痛、後頭神経痛、喉の痛みや鼻づまりを解消する効能もあります。
翳風(えいふう)
耳たぶの後ろ斜め下。三焦経と胆経という二つの経絡が交差するところ。 頸部リンパの循環を促し、頭部の代謝をよくする作用があり、高血圧による倦怠感や頭痛、肩こりの解消、難聴、顔面神経麻痺、三叉神経痛に効能。顔のむくみ解消にも役立ちます。
翳明(えいめい)
上記の翳風から指一つ分後ろ。精神を安定させて、目のかすみを解消し、視力を回復させます。人によっては施術後、視力がよくなるぐらい即効性があります。翳明はどの経脈にも属さない奇穴という経穴。奇穴は特定の疾患に対して特別な効能(奇効)があるツボを指します。各種の眼科疾患、頭痛、めまい、不眠症にも効能があります。
風府(ふうふ)
後頭部の正中線上、髪の生え際、盆の窪の上部。頭痛、全身のだるさ、発熱、寒気といった風邪の諸症状を和らげる特効穴。蓄膿症や花粉症といった鼻の疾患や高血圧、動脈硬化にも優れた効き目があります。
合谷(ごうごく)
手の甲の親指と人差し指からくる骨が合わさる谷間。上肢関節痛、頭痛、喉の痛み、歯痛、月経痛等、様々な痛みの緩和に有効です。てんかんや心身症といった脳神経系の症状や高血圧、白内障、口内炎、胃痙攣、便秘、肩こり等、幅広い症状に活用され、万能のツボとも言われています。
天宗(てんそう)
肩甲骨のほぼ中央にある窪み。腕が上がらないほどの上腕の痛みに抜群の効き目がある小腸経の経穴。天宗を刺激することで腕の上げ下げで主に働く棘下筋全体を緩める作用があり、五十肩や上腕神経痛に優れた効能があります。
大杼(だいじょ)
第一胸椎突起下縁から左右にそれぞれ指二本分外側。東洋医学で大杼は骨の髄に溜まった邪気(病気の原因となるもの)をくみ出すツボといわれています。手足の太陽経である小腸経と膀胱経に関係していて陽の気を調節するのに重要な経穴でもあります。大杼のマッサージは肩こり、斜頸、背中の痛み、寒気、発熱、咳や痰、精神不安からくる胸苦しさ、頭部の疾患など、多くの症状に効能があります。
風門(ふうもん)
第二胸椎のやや下から左右にそれぞれ指二本分外側。東洋医学ではここから風の邪気が入るとされています。悪寒や体の節々の痛みなど風邪のひき始めの諸症状に有効。肩こりや頸部痛にもよく効きます。
附分(ふぶん)
上背部、風門の両外側。猫背やうつむき姿勢からくる頸部痛や背中の不快感、首が回らないといった症状によく効きます。特に背骨が硬くなる強直性脊髄炎の改善にたいへん役立ちます。この疾患は加齢によって胸椎と胸椎の間の水分が抜け、硬くなることが原因で起こります。その為、上半身を後ろに反らしたり、横に捻ることが困難になります。附分のマッサージと胸部のストレッチ整体を合わせた施術は、これらの症状の予防、改善に効果があります。
肺兪(はいゆ)
上背部の第三胸椎突起下縁の両外側。肺兪への押圧やマッサージは肩こりや背中の不快感を和らげ、咳、喘息、肺炎、気管支炎等の呼吸器系の諸症状に効能があります。また、体の老廃物を尿で排泄する作用があり、シミやソバカス、肌荒れの改善に役立ちます。肺兪は肝兪、胃兪、脾兪などと同様に兪穴の一つ。兪穴とは背骨に沿って走る脊柱起立筋の外側に並ぶ膀胱経の経穴の総称です。兪穴のマッサージは呼吸器や消化器の働きを活発にして自然治癒力を高め、背中の痛みやこわばりをほぐして疲労を回復させます。
魄戸(はくこ)
上背部、肺兪の両外側。魄戸は肺兪の傍らにあり、肺結核、肺気腫、肺炎といった肺の病気によく効きます。肩こり、首・背中の凝り、上腕神経痛にも卓効があります。
厥陰兪(けついんゆ)
上背部、第四胸椎突起の両外側。循環器系の障害で症状が内にこもって冷えるときに有効で、のぼせる、精神的に苦しみがある、咳が激しく出る、嘔吐といった症状の緩和に役立ちます。特に、血液の循環が悪く、冷え性の方は、胸苦しさがあったり、動悸がするときに厥陰兪をマッサージすると症状が治まり、楽になります。また、厥陰兪は心身症や過敏性腸症候群といった精神的な影響がみられる症状の緩和にも有効です。
心兪(しんゆ)
第五胸椎突起の両外側。東洋医学でいう心の臓に邪気が注ぐ場所であることからこの名がついています。狭心症などの心臓発作のときにはこの心兪の辺りが痛むほか、左手の手のひら側と小指側にかけて痛みが走ります。こうした発作の際に直接効果があるのがこのツボです。心兪のマッサージは動悸、上半身ののぼせ、手足の冷え、背中から胸にかけての痛みによく効きます。また、心身症やヒステリー、躁うつ病といった心の病気や慢性気管支炎、肋間神経痛の施術にも活用します。
神堂(しんどう)
上背部、第五胸椎突起下縁の両外側。背中から脇や胸に響く痛みがある時や息苦しくなるような慢性的な背中の凝りに卓効があります。神堂のマッサージは胸椎の矯正と併せることでより高い効能が得られます。
督兪(とくゆ)
第六胸椎突起下縁の両外側。督脈の気が注ぐ場所であることからこの名がついています。督脈は経絡のひとつで脳、脊髄、腎と強い関わりがあり、督兪への刺激は脳から脊髄にかけての神経伝達の向上に役立ちます。狭心症や不整脈、胃痛の施術にも活用します。
譩譆(いき)
上記の督兪の両外側。肩背痛、肋間神経痛、胸膜炎、腰痛、胸筋リウマチに効能があります。背中の凝りが慢性化すると脇腹や胸部にまで凝りや不快感が拡がってしまうことがよくありますが、譩譆のマッサージはこのような症状に特効があります。
膈兪(かくゆ)
第七胸椎棘突起の下縁から左右に指2本分外側。脇腹から胸部にかけてのこわばり、横隔膜の痙攣、十二指腸潰瘍、胃酸過多、ぜんそく、体の冷えなどに効能があります。膈兪は血液疾患の特効穴で、吐血や心臓疾患にも活用します。
肝兪(かんゆ)
第九胸椎棘突起の下縁から左右に指2本分外側。肩井、肺兪と並ぶ肩こりに特効の三大経穴といわれています。肝炎や肝機能障害、胆石、胆のう炎を癒す働きがあります。二日酔いのときに肝兪をマッサージすると体内に残っていたアルコールの分解、解毒作用が促進され、不快な症状も次第に治まっていきます。乗り物酔いや立ちくらみ、めまいにも有効です。また、かすみ目や視力減退といった目の老化にも効能があります。
胆兪(たんゆ)
第十胸椎棘突起の下縁から左右に指2本分外側。心臓周辺から腹部にかけての張り、胸と脇腹の痛み、腋下の腫れ、黄疸、結核による発熱、胃弱による胸やけなどの症状に効能があります。東洋医学では「肝胆相照らす」といって肝臓と胆嚢は常に表裏して互いに補い合いながら機能しているとされています。そのため上記の肝兪穴で効能がある症状には胆兪も効果的です。
脾兪(ひゆ)
第十一胸椎棘突起の下縁から左右に指2本分外側。「脾」は脾の臓のことですが、東洋医学でいう脾の臓は現代医学でいう脾臓ではなく膵臓を指しています。膵臓はインスリンという物質を分泌して血糖値の上昇を抑える働きがありますが、脾兪のマッサージは膵臓の機能調整に繋がり、糖尿病の症状緩和に効果を示します。また、「脾の臓、胃の腑」といわれるように脾と胃はお互いに助け合っている関係にあるため、脾の不調から起こりやすい胃痛、食欲不振、消化不良などの症状にもこのツボを活用します。
胃兪(いゆ)
第十二胸椎突起の下縁から左右に指2本分外側。胃炎や胸やけ、吐き気、胃下垂、ゲップが出る、お腹が張るというような症状に効能があります。また、胃腸の疲れからくる口内炎や口角炎の解消、イライラやヒステリーを鎮める効果もあります。食欲は健康のバロメーターともいわれますが、心身が疲れているときは胃の働きが落ち食が進まなくなってしまいます。そんなときに胃兪をもみほぐして体をゆっくり休めると消化機能が高まり、疲労の回復に役立ちます。
三焦兪(さんしょうゆ)
腰部の第一腰椎突起下縁の両外側。東洋医学では人体を天・人・地という部分に分けて考えますが、三焦兪はこの三つをめぐる血液の流れ、熱源を調節する大切なツボです。三焦兪のマッサージは全身の疲労・だるさ、消化不良、糖尿病、口内炎、湿疹、背中から腰にかけてのこわばりに効能があります。
腎兪(じんゆ)
第二と第三腰椎の間の外側。腰痛の緩和には欠かせないツボ。腎兪は名前の通り腎臓と関わりが深く、膀胱炎や尿道炎といった泌尿器系疾患の改善に役立ちます。腎兪のマッサージは血液中の余分な水分を排泄する利尿作用があり、血液の浄化やむくみの解消、デトックスにも有効です。
志室(ししつ)
上記の腎愈と同じ高さでさらに外側。ツボ名の「志」は腎に対する精気の意味で、「室」は部屋のことです。腎に病気があると疲れやすく精気が弱まり、体に元気がなくなります。この状態を腎虚といいますが、志室はこのような時の状態改善に欠かせないツボです。志室のマッサージは腎機能を高めて全身の疲労感やだるさの解消に優れた効能があり、背中から腰にかけての凝りを和らげる効果があります。
気海兪(きかいゆ)
第三と第四腰椎の間の外側、骨盤の腸骨の一番高い位置。「気」は心の活力、気力の意味、「海」はたくさんの意味で元気が輸注する処を表します。腎虚腰痛や体のだるさ、疲労感の改善効果に優れています。冷え性、便秘、痔疾、下肢知覚・運動障害にも効能があります。
大腸兪(だいちょうゆ)
第四腰椎の両外側。腰痛、膝痛、脚の疲れ、ぎっくり腰に有効。大腸を整え、お腹の不調や下腹部の痛み、慢性の下痢、便秘にもよく効きます。
関元兪(かんげんゆ)
第五腰椎突起下縁の両外側。慢性腰痛、坐骨神経痛の特効穴。指先によるピンポイントの浸透圧で関元兪を刺激して膀胱経の気血の流れをよくして腰全体の回復を促進します。
小腸兪(しょうちょうゆ)
第一仙骨孔の両外側、骨盤の腸骨の内縁で坐骨神経の通り道。腰痛、坐骨神経痛の施術に欠かせない経穴。小腸兪のマッサージは体内の熱を冷まし、余分な水分を排泄する作用があり、便秘やむくみにも有効です。
次髎(じりょう)
仙骨の第二仙骨孔。ここを刺激すると下腹部全体の血流がよくなって腰痛が緩和されるほか、ホルモンバランスを整え、骨盤内の婦人科系器官の機能改善にも役立ちます。月経不順、生理痛、子宮内膜炎、痔疾、膀胱炎、鼠蹊ヘルニア等、骨盤内の様々な症状に効能があります。長時間の座り仕事や前傾姿勢による腰痛の改善には腰から臀部のマッサージに加えて、次髎や小腸兪といった仙骨部の経穴への押圧が不可欠です。
膀胱兪(ぼうこうゆ)
第二仙骨孔の両外側で骨盤の腸骨の内縁。このツボは東洋医学で膀胱の腑に邪気が入る入口とされていて、膀胱や泌尿器系の疾患に効能があります。また、このツボを刺激することで仙骨部周辺の血流を促してうっ血を解消するので、この部位の冷えが原因で起こる腰痛や膀胱炎、夜尿症、むくみ、排尿時の痛みの緩和にも役立ちます。
胞肓(ほうこう)
上記の膀胱兪から左右に指2本分外側で骨盤の腸骨上にある膀胱経のツボ。「胞」は子宮、「肓」は穴を意味することから胞肓は子宮に関係する疾患の特効穴であることを表しています。婦人科系の主な病気には頭痛や肩こり、腰のだるさ、足の冷えなどがありますが、このような症状がみられるときに胞肓を揉みほぐすと楽になります。また、急性の腹痛や消化不良、腰痛にも有効です。ご自身でマッサージや指圧をする場合はお風呂上りなど、体が温まった状態で行うと更に効果的です。
中膂兪(ちゅうりょゆ)
第三仙骨孔の両外側で腸骨の内縁。腎の機能を補って腰の機能を高めます。前立腺肥大症や尿道炎、糖尿病、腰痛、坐骨神経痛に有効です。また、中膂兪のマッサージは腰から鼠径部にかけての筋肉を緩める作用があり、骨盤の歪みを矯正する整体効果もあります。
承扶(しょうふ)
臀部と後ろ腿の境界線の中央。承扶のマッサージはハムストリングスのストレッチ整体との相乗効果が高く、腰から膝裏にかけての筋を緩めて伸ばし、経絡の通りをよくします。痔疾、便秘、腰痛、坐骨神経痛に効能があります。
委中(いちゅう)
膝裏のしわの中央、膀胱系の経穴。膝窩リンパ節の活性を促してふくらはぎのむくみを取り除きます。また、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、膝痛等、腰から足の裏すじにかけての痛みを伴う疾患に効能があります。
承山(しょうざん)
ふくらはぎの真ん中よりやや下、正中線上。二頭ある腓腹筋が一頭になりアキレス腱になる部分。こむら返りをはじめ、ふくらはぎに出る諸症状、膝の痛み、坐骨神経痛、腰痛に有効です。
湧泉(ゆうせん)
泉が湧き出るように元気が出てくることから命名。足裏正中線上、ややつま先寄りのくぼみ。新陳代謝を促して体調を整え、活力を生み出します。高血圧、不眠、うつ、膀胱炎、更年期障害に効能。腎臓の反射区でもあります。

神奈川県藤沢市のマッサージ・整体サロン。このページでは、うつ伏せ状態でのリラクゼーションマッサージとストレッチ整体の内容を動画でご紹介しています。当店は、JR東海道線、小田急線、江ノ島電鉄藤沢駅南口から徒歩2分。肩こり、腰痛、坐骨神経痛等、お気軽にご相談ください。湘南エリアへの出張サービスも行っております。当日の直前予約も大歓迎です。 Tel. 0466-28-5086
4F Kadokura6 Bldg. 20-17 Minamifujisawa, Fujisawa-shi, Kanagawa, Japan

Copyright(C)2008.KENKOU-DOU.All Rights Reserved.