藤沢駅すぐのマッサージ・足つぼならKENKODOへ | 横臥位の手技内容

平日13:00~25:00(最終受付24時)土、日、祝日11:00~23:00(最終受付22時)0466-28-5086
リラクゼーションマッサージ

横向きのマッサージ

動画トップへ戻る

横向き

側臥位のマッサージ

肩こり、頸部の凝り、肩甲骨周りの凝りでお辛い方には、より多くの時間を横臥位に費やします。


横向きで押圧する主なツボ

天鼎(てんてい)
側頸部下方、胸鎖乳突筋の後縁。首を回したり曲げたりする時に使う胸鎖乳突筋の機能や側頸部の血液循環に関わる大腸経のツボ。主に肩こりや側頸部の凝り、腕のこわばりに活用します。
安眠(あんみん)
耳たぶの下にあるくぼみから指2本分内側。交感神経の緊張をほぐして入眠をサポートします。慢性的な首や後頭部の凝りにも活用します。お風呂上りや就寝前のセルマッサージにもおススメです。
風池(ふうち)
後頸部、乳様突起の外下方。脳や目の血流をコントロールする交感神経に関連する胆経のツボ。後頭部の神経にアプローチして凝りによる首すじの不快感を和らげます。目の使い過ぎによる肩こりや後頚部の凝りに活用します。
天牖(てんゆう)
下顎角と同じ高さで胸鎖乳突筋の後ろにある窪み。小腸経のツボ。後頚部の凝りや首がこわばって回らないといった場合に用います。このツボは漢方で目、鼻、口、耳の通りをよくする経穴ともいわれていています。首が凝って寝つきが悪い時の自己指圧にもオススメの経穴です。
肩井(けんせい)
第七頸椎突起と肩峰外縁を結ぶ線上の中心。その名の通り肩をめぐるエネルギーの源(井戸)であると同時に肩の不調が湧き出すところで、肩こりや肩甲骨周りのこわばりによく用います。長押しした時に腕や頭、背中などにジワーと響く感覚を体感していただけると思います。このツボは肩凝りの他にも首コリや太ももの外側・脛のこわばりにも活用しています。
天容(てんよう)
下顎角のすぐ後ろにある小腸経のツボ。胸鎖乳突筋の機能の調整に重宝する経穴で側頸部のこわばりやうなじが凝って首が回らないといった状態のときに活用。喉がイガイガする時などのセルフマッサージにもおすすめです。
頭維(ずい)
前髪の生え際の両端から5ミリ程上方。頭維のマッサージは眼窩上神経にアプローチして目の周りの緊張をゆるめ、目の使い過ぎや睡眠不足によるまぶたのピクつきを落ち着かせます。
肩外兪(けんがいゆ)
肩甲骨上角の内側。肩こりや肩甲骨の内側の凝りに欠かせないツボ。長時間パソコンに向かう方などはこのツボがこわばりがちです。揉んでもあまり動かず、押しても沈まないぐらいパンパンに張ってしまう方も珍しくありません。そういった場合は周りの筋肉を揉捏でほぐした後、肩外兪に浸透圧を施します。
肩中兪(けんちゅうゆ)
第七頸椎棘突起下縁の両外側。デスクワークに携わる方は大体この部位が凝り固まっています。首の付け根から肩甲骨上角にかけての筋肉を揉捏でもみほぐした後に長めの浸透圧を施します。肩中兪のマッサージは首を後ろに引っ張る筋肉(頸半棘筋)の緊張を緩め、後頭部の血流を調整して頭に血液を送ります。
天髎(てんりょう)
肩甲骨上角の上にある窪み。頸部の凝りや上腕のこわばりに使用。不安や心配事など、胸中に悩み事がある場合にもこのツボを刺激することで気分が落ち着きます。
膏肓(こうこう)
上背部、第4胸椎突起から左右にそれぞれ指4本分外側。膀胱経のツボ。慢性的な肩こり、背中のコリに使用。肩甲骨周りの筋肉の動きをスムーズにします。基礎代謝を調整するので背中の贅肉の軽減も期待できます。
膈関(かくかん)
肩甲骨下角の内側、第7胸椎突起から左右両側に指4本分外側。背部全体の気の巡りを安定させます。背中から脇腹、胸部にかけて凝りや不快感を感じる場合には膈関を重点的に揉みほぐします。
浪越圧点(なみこしあってん)
指圧の第一人者と言われる浪越徳次郎先生によって発見されたツボ。状前腸骨棘(腰骨)の側面の少し下。腰から臀部にかけての凝り、脚全体の過緊張に使用。
環跳(かんちょう)
臀部の大転子と仙骨裂孔を結ぶ線上。腰・臀部の凝り、股関節周りの凝りに欠かせないツボ。腰から下肢外側の凝りに活用します。持続圧迫すると腰から太ももにかけて心地よい感覚が伝わります。腹臥位よりも側臥位の方が硬結が表面に浮き上がってくるので取穴しやすくなります。
曲泉(きょくせん)
膝の内側の窪み、膝裏のしわの内側端。肝経のツボ。膝に水が溜まりやすい方に用います。また、膝やすね、大腿内側から後面の凝りにも活用します。
飛揚(ひよう)
ふくらはぎ外側、腓骨の後内縁で外踝の中心から指幅7本分膝寄りの陥凹部。背面の凝りを和らげたい時やふくらはぎのヒラメ筋をほぐしたい時に重宝する経穴。
崑崙(こんろん)
外くるぶしのすぐ後ろのくぼみ。膀胱経のツボ。主に腰や臀部の凝りに使用。足の外側に体重が載りやすい方は外くるぶし周辺が硬化したり、足首が回しづらくなることもありますが、崑崙のマッサージはそういった場合にも使えます。
復溜(ふくりゅう)
内果の上二寸、アキレス腱の前縁。精力がない、ふらつく、水はけが悪いといった腎経の虚を補う時に使用。

マッサージ・足つぼ KENKODO

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢20-17 門倉ビル4階

TEL.0466-28-5086 ご予約なしでの直接のご来店も大歓迎です。


このページでは、横向きのマッサージとストレッチの内容をご紹介しています。
4F Kadokura6 Bldg. 20-17 Minamifujisawa, Fujisawa-shi, Kanagawa, Japan

Copyright(C)2008.KENKOU-DOU.All Rights Reserved.