藤沢市のマッサージ・足つぼ・タイ古式のお店 - 仰臥位の施術

平日13:00~25:00(最終受付24時)土、日、祝日11:00~23:00(最終受付22時)0466-28-5086
リラクゼーションマッサージ

仰臥位のリラクゼーションマッサージとストレッチ

施術動画トップへ戻る

仰向け1

仰臥位のマッサージとストレッチ

うつ伏せ、横向きの後に仰向けのマッサージとストレッチを行います。

一番くつろぎやすい状態での施術ですのでリラックス感をご堪能いただけると思います。

当店のストレッチは反動をつけずにゆっくりと行う静的ストレッチですのです。

凝りが溜りやすい部位や大きい筋肉を中心に個々の柔軟性に合わせて段階的に伸ばしていきます。

腰痛や坐骨神経痛の方には下肢(臀部~脚)のストレッチに、より多くの時間を費やします。

※胃や肝臓、腸など、内臓の具合が気になる方には腹部のマッサージも致します。


仰臥位で施術する主な部位

三角筋(さんかくきん)
肩全体を覆う表層筋で、腕の上げ下げや手を後ろに回す動作など、肩関節のほぼすべての動きに働きます。この部位の筋疲労は四十肩、上腕神経痛の主な原因となります。バイクのスロットルを回すような手で握りこんで手首を背屈する動きや肘を伸ばしたまま重たい物を持ち上げる時などに肩を挙上する動作で負担がかかる部位でもあります。
上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)
上腕の外側、長頭、内側頭、外側頭の三頭からなる上腕の最大筋。主に肘関節の伸展に働きます。この筋肉が委縮すると肩甲骨が前方に引っ張られ、肩甲骨周辺の動きが悪くなったりします。重たいものを押した後などに上背部や肩が凝ったりするのもそのためです。肩背部痛や肘の痛み、腕のだるさ、緊張性頭痛の方には入念に施術します。
上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)
前腕を内側に向けひじを曲げると盛り上がる力こぶの筋肉。日常生活においても使用頻度が高く、力仕事に携わる方々は特に疲労が溜りやすいところ。この筋肉の委縮は肘関節の痛みの原因になります。
総指伸筋(そうししんきん)
前腕外側、親指を除く4本指の伸展、手首の背屈に働きます。パソコンのキー入力など、指を使う作業でよく使われます。テニスのバックハンドのような動作で酷使されるとテニス肘の原因になります。
短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)
前腕後面、上腕骨の外側上顆から橈骨を斜めに跨いで中指の背側面にかけての浅層。手首の橈屈を伴いながら背屈する動きに作用します。フライパンを持つ動作やハンマーを振り上げる動作などに使われます。この筋のマッサージは肩こりや頸部痛にも活用します。
浅指屈筋(せんしくっきん)
上腕尺骨頭、尺骨頭、頭骨頭から前腕前面をまたいで親指を除く4本指にかけてのやや深層。握る、掴む動作に関わるため、荷物を持ったり工具などを扱うことで負荷がかかります。
橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)
上腕骨の内側から肘関節、尺骨をまたいで人差し指の掌側面にかけて走る表層筋。手関節の屈曲、外転等、手首を曲げる動きに働く主力筋。物を投げる動きやバレーボールのスパイク、水泳で水をかく動作などで使われます。
小胸筋(しょうきょうきん)
肋骨から肩甲骨の烏口突起にかけての深層部。肋骨を支点に肩甲骨を引き下げる働きや胸郭を引き上げる働きがあります。日常生活では圧倒的に手を体の前で使う事が多いですが、パソコンを操作する時も食事をする時もまず肩甲骨を前方に引き出し、腕を体の前に出します。この時に小胸筋が使われます。この部位の収縮は胸椎を後弯させるので、凝り固まった状態が長期化すると猫背の原因になることもあります。
大胸筋(だいきょうきん)
前胸部表層。主に腕を横から前に振る肩関節水平内転や腕を前に押し出す動き、上腕の内旋に働きます。鎖骨、胸骨、第1~4肋骨から起り、上腕骨上部に付着している為、この部位の委縮が慢性化すると肩関節が前方に引っ張られて肩凝りや上背部痛の原因になることもあります。
腸腰筋群(ちょうようきんぐん)
鼠蹊部の筋肉群で腰椎と骨盤、大腿骨に付着。歩行や階段を上がるときなどに太ももを上げたり、脚を前に出す動きで使われます。
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
腿の前面、股関節と膝関節の運動に関与する人体最大の筋肉。前かがみになる際にこの筋肉を使って腰の負担を補います。飲食業や介護職、肉体労働の方など、立ち仕事で前傾姿勢を強いられる方は腰と共にこの部位を酷使しやすく、回復に時間のかかる筋肉でもあるので定期的なケアが必要です。
縫工筋(ほうこうきん)
太ももの表層、骨盤前面の隆起部分から膝の内側にかけて走る人体最長の筋肉。主に股関節の外旋や屈曲の動きに働き、膝関節の動きにも作用します。この部位の硬化は膝内側の痛みの原因になります。
腓骨筋(ひこつきん)
すねの外側から足の甲の外側にかけての筋肉で、足首を外方に動かしたり足首を安定させる役目があります。また、起伏のある地面を歩く際に足裏面と地面の向きが合うように調節します。この部位の硬化は膝の周辺や下腿外側から足の小指周辺の痺れを生じさせます。
前脛骨筋(ぜんけいこつきん)
脛骨前面表層。つま先を持ち上げる際に使われる主要筋で足首の内反にも働きます。歩行やランニング、立位でバランスをとる時など、多くの役割を担っています。
背側骨間筋(はいそくこっかんきん)
足の甲の表層、足の5本指に繋がる骨と骨の間に付着している4つの筋。主に足の指を反らせる動きや指と指を広げる際に働きます。路面の形状に応じたバランス調整にも関与しています。サイズの合わない靴を履いて歩いた時などはこの筋肉を酷使しがちです。
その他
腸脛靭帯、膝蓋靭帯、腋下リンパ節、肘リンパ節、帽状腱膜、膝窩(膝裏)リンパ節等。

仰向けのストレッチで伸ばす主な部位


マッサージ・リラクゼーションサロン健康道

〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢20-17 門倉ビル4階

TEL.0466-28-5086

鼠蹊部
上の項目でも前途した前腿の付け根、腸腰筋群。前腿をゆっくりと腹部に引き付けるようにして刺激していきます。ご自身でも仰向けの状態で両手で膝を抱え込むようにして比較的簡単にセルフケアが可能です。
ハムストリングス
大腿後面の筋肉群。膝を軽く曲げ、足の甲をゆっくりと頭に近づけるようにしてハムストリングス全体を伸ばしていきます。
膝窩
腿の後ろ~膝裏。膝を伸ばした状態で足先ゆっくりと上げて膝窩部を伸ばしていきます。表層の足底筋、半腱・半膜様筋と共にマッサージでは直接触れることのできない深層の筋肉も充分に刺激することができます。
臀部
膝を直角に曲げた状態で内くるぶしを顔に近づけるようにして臀部全体を伸ばしていきます。臀部のストレッチは梨状筋性坐骨神経痛の方に活用します。
ふくらはぎ
膝を伸ばした状態でつま先を頭側に傾けるようにしてふくらはぎ全体を伸ばします。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、重力によって脚に下りてきた体液を押し返すポンプのような役目があります。

藤沢で本格施術のマッサージなら健康道にお任せください。このページでは、仰向け状態でのリラクゼーションマッサージとストレッチの内容をご紹介しています。藤沢市南藤沢20-17 4階
4F Kadokura6 Bldg. 20-17 Minamifujisawa, Fujisawa-shi, Kanagawa, Japan

Copyright(C)2008.KENKOU-DOU.All Rights Reserved.