藤沢市(神奈川県)のマッサージ店「KENKODO」はほぐしとツボ押しの本格手技

平日13:00~25:00(最終受付24時)土、日、祝日11:00~23:00(最終受付22時)0466-28-5086
マッサージ

仰向けのマッサージ

動画トップへ戻る

仰向け2

仰向けのマッサージ(腕と頭部)

横向きの後に仰向けの状態へと移行します。

仰向けのマッサージを受けられる頃には血液の流れが整い、体がポカポカして気持ち良くほぐれていくのを実感していただけると思います。

マッサージの後、ストレッチへと移行していきます。

ストレッチにかける時間はコースの長さにもよりますがおおよそ3分~5分程度です。

ほぐし足りない部位やまだ気になるところがございましたらご遠慮なくとお申し付けください。


仰向けのマッサージで用いる主な経穴

顖会(しんえ)
上記の百会と前髪際との中間。凹みの中にブヨブヨして硬結のある所に取穴。全身倦怠、肩こり、頭重感などに活用します。
陽白(ようはく)
黒目の中心からまっすぐ上に上がって眉を超えて3センチほど上がったところにある窪み。主に頭や顔のこわばりに使用。額の筋肉をほぐして頭と目をスッキリさせます。
睛明(せいめい)
内眼角の内上方、眉頭の内端の凹み。ツボ名が表すとおり「目の曇りを取り去って明るくする」力を秘めています。目を酷使して目の周りや瞼がピクピクする時などに睛明を揉むようにマッサージするとスッキリして目が休まります。
攅竹(さんちく)
眉毛の内端の凹み。目を取り巻く神経と筋肉を直に刺激して目から前頭部にかけての緊張を和らげます。物がかすんで見えたり、明かりがまぶしく見えたり、目がショボショボしたり、涙が多い時などに活用します。
四白(しはく)
黒目の中心からまっすぐ下がったライン上の頬骨の陥凹部。こわばった表情筋を緩め、顔の血流の流れを整えます。目の使い過ぎで瞼がピクピクする時などに重宝します。
迎香(げいこう)
鼻翼の外側、香りを迎えるという意味のツボ名が示す通り、鼻腔の通りをスムーズにします。鼻がムズムズする時などに覚えておくと重宝します。就寝前などに指圧すると熟睡感アップに一役買ってくれるかもしれません。
雲門(うんもん)
雲門の雲は肺の気を示します。ツボ名は肺の気が出入りする場所であることを意味しています。前胸部、烏口突起の内方、鎖骨下窩の窪み。腋窩動脈の拍動部。胸部や上腕の凝りに用います。ご自身でも押しやすくわかりやすい部位なので自己指圧にもお勧めです。
中府(ちゅうふ)
上記の雲門の下方。肺経という経絡の始まりのツボ。肺経はここから腕の内側を通って手の親指までの経絡で主に肩や腕のこわばりに用います。中府のマッサージは肩関節の内転に働く大胸筋や肩甲骨の下制に関わる小胸筋の調整に使用。
缺盆(けつぼん)
鎖骨の上、頸動脈の両外側。胸や腕へ抜ける神経の通り道にあり、頸部の硬化による指先や腕の凝りに活用します。缺盆のマッサージは首の緊張をほぐして背中から腕にかけて広範囲の血流を調整します。
玉堂(ぎょくどう)
胸骨の中央、正中線上で第3肋骨と同じ高さにある任脈のツボ。胸部の緊張をといて胸のつかえや重ぐるしさを和らげます。玉堂のマッサージは肺や気管支に繋がる交感神経の緊張を抑えて呼吸を整えます。
肩髎(けんりょう)
肩峰角と上腕骨大結節の間の窪み。肩の上げ下げで働く主な筋肉(三角筋)の調整に活用。肩に重圧感があって腕が上がらないような方に用います。肩髎は薬指の先端から肩、首、耳の周りを介して眉毛の外縁へと繋がる三焦経という経絡のツボ。三焦経の経穴への刺激は津液(血液以外のすべての水分)の循環をサポート、体全体の水分バランスを整えます。
天井(てんせい)
肘の後面、肘頭から上に指幅本2分程のところにある窪み。このツボは側頭部や側頸部、上腕、肘周辺にかけてのこわばりに活用します。慢性的な肩こりや首コリの反応が現れる場所でもあります。
極泉(きょくせん)
脇の下の中央、極泉の「泉」は腋窩動脈の拍動部で、それを「極」めて深い場所である心臓から気血エネルギーが湧き出る様子を例えたもの。手の少陰心経という経絡のエネルギー循環を整え、情緒の安定をサポートします。心経のマッサージは交感神経が優位の緊張状態から副交感神経優位のリラックス状態へと導きます。不安や心配ごとからくる胸苦しさや上腕のこわばりに使用。緊張などで肩の力が抜けきらないような状態にも応用可能です。
曲池(きょくち)
肘の窪みからやや外側。パソコン操作による手や腕のこわばりや肩こりに用います。肘の曲げ伸ばし運動の前に刺激すると肘周辺の緊張がほぐれ、関節が動かしやすくなります。胃腸の調子が悪いときに起こりやすい肌のトラブルにも応用できます。
尺沢(しゃくたく)
肘の内側、肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の外側の陥凹部。別名、鬼堂と呼ばれています。鬼の字がつくツボは特に大切なツボとされ、精神の高ぶりを抑えるともいわれています。肺経の変動に伴う腕のこわばりに用います。
曲沢(きょくたく)
肘窩横紋上、上腕二頭筋腱の外側の陥凹部。肘関節や肘を支える緊張の緊張を和らげ、肘の可動域を広げます。曲沢は癒しの経絡といわれる心包経の経穴で、自律神経にアプローチして心身の緊張を解きほぐします。
内関(ないかん)
前腕内側、手首のしわから指幅3本分ひじ寄り。心包経という経絡にアプローチして交感神経と副交感神経のバランスを整えます。
外関(がいかん)
前腕外側、上記の内関の対局にあたる所。三焦経の変動に使用。ツボ名の「外」は外側、「関」はせきとめることを意味します。即ち経絡を巡る気のエネルギーが貯えられる場所で、手の甲側にあることを表しています。腕の深い部分を通る神経に働きかけて指先から上腕にかけての筋肉の緊張を和らげます。
中渚(ちゅうしょ)
手の甲の薬指と小指の間をたどって止まった谷間のくぼみ。こめかみや側頭部のこわばり、上背部の凝り、肩こりなど活用します。
少沢(しょうたく)
小指爪根部外側の角。「少」は小腸経の経穴であることを指し、「沢」は気血が満ち溢れている様を表します。この部位には腕神経叢の枝の尺骨神経から枝分かれする背側指神経が通っています。少沢のマッサージは主に首すじの凝り、肩甲骨周り、肘のこわばりに用います。
労宮(ろうきゅう)
手のひらの中心部、第二中手骨と第三中手骨の間。ハンドマッサージには欠かせない心包経の経穴。心のストレスや気の張り過ぎなどの神経系の不調に用います。労宮は精神をつかさどる経絡に属します。分かりやすく、ご自身でも押しやすいので、強いストレスを受けた時や気持ちを落ち着かせたい時の自己指圧にもおススメです。緊張をほぐしたい時によく手のひらに「人」という字を書いて飲み込むということをしますが、正に人の字の2画の付け根に当たる部分でもあります。
衝門(しょうもん)
鼠蹊部、大腿動脈拍動部の外側にある脾経の経穴。「衝」の字はしばしば動脈拍動部にあるツボ名に用いられますが、衝門の場合は大腿動脈の拍動部を表します。この部位はいくつかの経絡の経気が流注する要衝であり、体内のエネルギーが腹部に向かって流れる出入り口であることから命名されています。衝門のマッサージは腹部から下肢にけてのこわばりや腸腰筋群の過緊張に用います。
居髎(きょりょう)
骨盤前面の上前腸骨棘と大転子の頂点との中点。骨盤周りから下肢にかけての過緊張、腰から太ももにかけてのこわばりなどに活用します。
血海(けっかい)
膝の皿の内側、皿の最上端から指幅3本分ほど上がったところの窪み。血海への刺激は大腿神経にアプローチして膝蓋骨を内側から支えている筋肉(内側広筋)の緊張を緩めます。
梁丘(りょうきゅう)
太ももの前外側、膝蓋骨外側から指幅2本分程上方。胃経のツボ。膝の外側の凝りや腰から臀部にかけてのこわばりによく活用します。
犢鼻(とくび)
膝蓋骨の中央からまっすぐ下がったところの膝蓋靭帯上にある胃経のツボ。大腿や膝のこわばりに用います。運動や競技の前に膝の動きをよくしたい場合や足の外側に体重が載りやすい方は犢鼻のセルフマッサージがオススメです。
足三里(あしさんり)
スネの外側上部。足三里は四総穴という胃や腸に関連する経穴。押していると胃腸がキュルキュルとなって蠕動運動を始めることも多々あります。そのぐらい消化器系と関わりがあります。肩こりのツボとしても広く知られています。
陽陵泉(ようりょうせん)
ひざ下外側にある骨の突起(腓骨頭)の下の陥凹部。この部位にはふくらはぎの外側を走行する長腓骨筋と総腓骨神経の枝の外側腓腹皮神経が通っています。陽陵泉のマッサージは主に腰から臀部にかけての凝りに活用します。習慣的にジョギングやスポーツをする方は日頃からこのツボを自己指圧しておくと脛の外側から踵を支える筋肉が柔軟になり、走る際に地面から受けるひざ外側への衝撃を和らげてくれます。
陰陵泉(いんりょうせん)
すねの内側、膝下の出っ張った太い骨(脛骨内側顆)と脛骨内縁が接する部分の窪み。主に腰・膝、胃腸の不具合に使用します。ツボ名の「泉」は気や血液の源のことで生命エネルギーが泉のように湧き出る場所を意味します。
三陰交(さんいんこう)
内くるぶしから親指4本分膝寄りにある経穴。肝経、腎経、脾経という三つの経絡が交差する場所であることからこの名がついています。脚にあるツボの中でも上記の足三里と並ぶメジャー経穴の一つ。このツボへの刺激はホルモンバランスを整え、体も温まってリラックスし、気持ちの安定にもつながります。

経絡とツボ

経絡 - 体中をめぐる気と血の通路

体には血管や神経の他に経絡という道筋があります。経絡には気血という人体を養うエネルギーが流れていて、全身を循環しています。「気」とは自然現象や人間の行動を指し、「血」とはスタミナ源、食べ物を指します。
経絡の「経」は経脈のことで人体を縦に走っています。「絡」は経脈の支流である絡脈のこと。そしてその脈上にあるのがツボです。


経絡の役割

マッサージで用いる主な経絡は十二本あり、正経十二経と呼ばれています。これらは内臓を示す五臓六腑に心包という臓と三焦という腑を加えた六臓六腑で、計十二の臓腑に対応しています。経絡はこれら十二の内臓器官からそれぞれの経路を辿って手足や頭部に至り、再び十二の臓腑に帰るようになっています。血液が心臓から心臓に戻るように「気」も体の中を絶えず循環していると考えられます。


ツボは生命の交差点

ツボ(経穴)は、生命エネルギーである気血を全身に送り届けるために体中に張り巡らされた循環道の中継点として至るところに存在します。2006年にはWHOによって361のツボの統一基準(位置や名称)が決められました。ツボの位置は経絡上の皮膚に近いところにあり、押圧を加えた時に響くような独特な感覚があります。


KENKODOは藤沢駅から歩いて2分。名店ビルやドンキホーテからも歩いてすぐですので、仕事帰りやお買い物がてらの利便性も良好です。お気軽にお立ち寄りください。

Copyright(C)2008.KENKOU-DOU.All Rights Reserved.