仰臥位の手技

30
平日13:00~23:00(最終受付22時)土、日、祝日11:00~23:00(最終受付22時)0466-28-5086
マッサージ

仰臥位のマッサージ内容

動画トップへ戻る

仰向け1

仰臥位のマッサージ

俯せ、横向きの後、仰向けの状態で施術いたします。

鼠径部の腸腰筋群を手根部分で押圧して筋肉の緊張を緩め、肝経の急脈、足五里、胃経の気衝等の経穴を母指で持続圧迫致します。

次いで大腿四頭筋をほぐし、伏兎、梁丘、血海といった大腿部の経穴を押圧。膝周りを揉捏で緩め、前脛骨筋に沿って点在する胃経の経穴やスネの内側に点在する脾経、肝経の経穴を母指にて刺激します。

足の甲や指なども揉み、捏ね、押しと様々な手法で施術を進めていきます。

脚の施術の後は上腕のマッサージです。三角筋や上腕三頭筋、前腕の筋肉と順々に緩めていき、三焦経の肩髎、四瀆などを母指で刺激します。

次に脇の下から手首の内側にかけての心経、心包経、肺経といった経絡を押圧して、手のひらをマッサージ致します。

次いで側頭部に点在する胆経の経穴を円を描くように揉み押しして、頭部の督脈や膀胱経の経穴を母指にて圧迫していきます。

頭の次は顔へと移行します。目の周りの攅竹や太陽、陽白などの経穴を押圧。頬から顎にかけての胃経も併せて施行。

次いで胸部の腕の付け根部分にある雲門や中府といった肺経の経穴を押圧。

最後に脚の筋肉を全体的に伸ばして座位の施術へと移行します。


このページでは、仰向け状態でのマッサージをご紹介しています。

Copyright(C)2008.KENKOU-DOU.All Rights Reserved.